旅行系MLMは広めやすいから収入につながりやすい?

近年増えてきた、旅行商材を扱うネットワークビジネス(MLM)。
新ジャンルでまだまだよくわからない、という方も多いかもしれません。
旅行商材を仕事として扱うのはどうなのか、詳しく解説します。

使う分にはいいかもしれませんが、
いくら広めやすいといってもビジネスとしてかかわらない方が無難です。

それは、一般人の旅行の斡旋は日本では違法だからです。
許可を得ずに旅行者を旅行会社に仲介斡旋し、
金銭が発生すると旅行業とみなされ、無許可での旅行業となり、
旅行業法74条違反で、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金、または併科となります。

その証拠に、旅行系MLMはほとんど日本に支社を置かずに営業しています。
これは支社を置いた途端、会社自体が違法になってしまうため、
脱法のために日本支社が置かれていない形になります。

実際に、以前とある旅行系MLMを日本に持ち込んだ方に質問したところ、
違法だから日本には支社は置けないとの回答をいただいております。

もちろん、現在の法律上は抵触しないように形を整えて支社を置いている会社もありますが、あくまで見逃されているだけの可能性があるので注意が必要です。


シンヤ
シンヤ

【まとめ】
・利用はいいがビジネスではおすすめしない。
・無許可の旅行の斡旋は日本では違法。
・日本に支社を置いている会社もあるが、単に見逃されているだけの可能性もあるので注意が必要。

ネットワークビジネス(MLM)についてもっと知りたい!
正しい組織構築について知りたい!
という方はコチラ!↓

タイトルとURLをコピーしました