報酬プランは結局何がいいの?

ネットワークビジネス(MLM)には様々な報酬プランがあります。
どのプランが一番有利なのか、ネットワークビジネス(MLM)に携わる人なら、誰でも一度は考えるテーマではないかと思います。
実際の事例に基づき解説していきましょう。

結局のところ会社のプランによるとしか言えないんですが、
筆者が考えるやめておいた方がいいプランは確実に存在します。

それは、独立有の代理店型の報酬プランとユニレベルです。

これはなぜかというと、代理店型の報酬プランは売上額がそのままタイトルに直結し、タイトルが収入に直結するため、買い込みが最も起きやすいプランだからです。
自分含めた売上額によってタイトルが決まり、タイトルによって分配される%が変わることによって、自分のタイトルのためにダウンにいろいろな理由をつけて在庫を持たせようとするグループがほとんどです。
これがMLMのイメージが悪い、大きな要因にもなっています。
しかも最高タイトル付近になると、売上だけではなく複数人一定以上のタイトルを育てたことが条件になるので、たくさんの人にも一品試さない?という形ではなく、目をつけられた人に、自己購入させてまでタイトルを達成させるという図式ができてしまいます。
無理やりタイトルを狙わさせられる人が、複数人にもう1種類プラスで取り入れない?という提案がうまくできる人なら問題ないんですが、ほとんどの場合できないので、同じようにメンバーの中で目を付けた人に、収入を得られるようになる為だから、などと理由をつけて余分な在庫を持たせるか、借金してまで自分で自己購入してしまうことになってしまいます。
しかも、自分のグループの方で、
自分と同じかそれ以上のタイトルを取った人が出てきた場合、
その人から下のグループからは売り上げ報酬ともに入らなくなるので、
自分より成功するなと考えるようになってしまいます。
そういったことが一切ないグループで、できない人ができるようになるノウハウはしっかり用意されているグループなら参加してもいいかもしれませんが、参加する前にそれをしっかり確認することはほぼ不可能なので、それならばいっそのこと、そういった報酬プランの会社には近づかないというのが賢明です。

次に、なぜユニレベルがやめておいた方がいいのかというと、
最終的にメンバーがやめるのを願うようになる報酬プランだからです。

今のユニレベルは定期購入をやめたりタイトルがなかったりする人を圧縮して同じレベルとして計算してくれるコンプレッションユニレベルが主流です。
なので、Aさんのタイトルが5レベルまで報酬が取れるとして、5レベルまでは1人紹介の連鎖が続き、その先の人で4レベル以内の組織で10000人できたとした時に、
Aさんは1万人の組織がいるにもかかわらず、もらえる報酬は1人紹介の連鎖でできた5人からしか報酬は貰えません。
1人当たり5%の500円×5人、つまり月2500円ほどです。
しかし、報酬範囲の5人がすべてやめた場合、
今まで報酬に入らなかった1万人が報酬範囲に入る為、月収は500万円に急上昇します。
これはだいぶ極端な例を出しましたが、収入が取れる段数が決まっているため、
自分の組織の1人がやめることで、収入が上がるということが珍しくないプランなので、
「この人がもしやめてくれたらその先の収入が入るんだけどなぁ」と思う人が出てきます。
本来、経済的にも時間的にも精神的にも豊かになりたくて始めたはずのビジネスなのに、
自分のために夢をあきらめて脱落してほしいと、
考えるようになるビジネスプランは不健全であまり勧められるものではないと考えます。

では、どのプランだったら健全にできるのかというと、いろいろな意見はあると思いますが、筆者はバイナリーだと思っています。

しかしバイナリーはバイナリーでも、
フルオートバイナリーやセミオートバイナリーではなく、
位置指定バイナリーだけが自分だけではなく知り合いや成功させたい人を成功させられるプランだと考えています。
フルオートバイナリーは、上から順番に2つのラインが埋まるようにフルオートで組織がつけられて早く参加することができれば、何もしなくても組織ができていくというメリットがありますが、これを逆に読むと、遅くに参加すればするほど不利で、両方とも降ってくることを期待して参加する人が多くなるので、ビジネス活動する人がいなくなっていき、最終的に組織が死ぬということになってしまいます。
成功の公平性がなく、社会主義のように、やらなくても成果がもらえるシステムは、崩壊することが歴史が教えてくれています。
なので参加しない方が良いと考えます。

セミオートバイナリーは、左右の少ない方に自動的に配置されるシステムで、ほとんどの会社はこの方式を採用しています。
その為バイナリーといえばこのシステムを想像される方が多いです。
片方が降ってきて組織ができたとしても、
「もう片方は自分が作らなければならないからバイナリーはお勧めできない!」や
「何もしなくても組織ができる」と勧誘するから、
「クレクレで動かない組織になる」という詭弁を、
ユニレベルの会社に引き込みたい方が言って、
バイナリーを否定することがありますが、
そもそもユニレベルはすべての組織を自分一人で作り始めなくてはなりません。
直紹介をたくさん出せなければ収入にならないのに、
バイナリーは自分で片方作らなければならないと言うことで、
「その人のグループは自分だけで組織を作らなくてもいいんだ」と、
わざと誤解させるような悪質なグループなので、近づかない方が良いです。
情報商材のように、特定の悪口を書いて自分の会社を売り込む業者のことはさておき、
なぜセミオートバイナリーはお勧めできないか説明します。
それは、有望な会員や成功させたい会員が自分の直紹介や自分のメインラインだったらいいんですが、メインラインの枝に出てきた場合、メインラインではないのでAさんとしてしか応援ができず、その方の紹介者が成果が出せない人だった場合、そのまま消えて行ったり他社に引き抜かれていったりするためです。
この時に位置指定できるバイナリーだったら、直接応援していくこともできるのですが、
セミオートバイナリーはつけられず、運が大きく関与していくため、あまりおすすめできないプランになっています。

なので、位置指定バイナリーがおすすめなのですが、それにもプラスで条件があり、
報酬プランがバイナリーだけの報酬プランではなく、直紹介者のバイナリー報酬の%がもらえるメガマッチも取り入れている位置指定バイナリーが一番おすすめです。
これはなぜかというと、理由は単純で、応援したい会員さんを応援できるプランになっているのと、自分が紹介した会員さんが成功させることで自分の収入も増えていくプランになっているからです。
しかも、このプランだと片伸びした場合でも収入が取ることができ、自分より実力のある人を誘っても収入に繋がるプランになっているからです。

シンヤ
シンヤ

【まとめ】
・代理店型とユニレベルはおすすめしない。
・「位置指定バイナリー」だけが自分と仲間を成功させられるプランだと考える。

ネットワークビジネス(MLM)についてもっと知りたい!
正しい組織構築について知りたい!
という方はコチラ!↓

タイトルとURLをコピーしました