優先順位をつける

優先順位の話で「大きな石」と呼ばれるある大学での講義のお話を聞いたことがありますか?

こんな話です。
「さあ、クイズの時間だ」教授はそう言って大きな壺を取り出し、教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ石を詰めた。
壺が一杯になるまで石を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室の中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」と言いながら、教授は教壇の下からバケツ一杯の砂利を取り出した。
そして、砂利を壺の中に流し込み、壺を揺すりながら、石と石との間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。「この壺は満杯か?」
学生は答えられない。
一人の学生が「たぶん違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ!」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを石と砂利の隙間に流し込んだあと、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれで一杯になったのか?」
学生は声をそろえて「いいえ」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺のふちまでなみなみと水を注いだ。
「僕が何を言いたいかわかるだろうか?」
ひとりの学生が手を上げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすればいつも予定を詰め込むことが可能だということですか?」
「それは違う」と教授。

「重要なポイントはそこではないんだよ。
この例が私たちに示してくれているのは、大きな石を先に入れない限り、それが入る余地は、そのあと二度とないということなんだ。
君たちの人生にとって、大きな石とはなんだろうか?

それは仕事であったり志であったり、愛する人であったり、家族であったり、自分の夢であったり。ここで言う大きな石とは、君たちにとって一番大切なものだ。

それを最初に壺の中に入れなさい。
さもないと君たちは、それを永遠に失うことになる。
もし君たちが小さな砂利や砂、つまり、自分にとって重要度の低いものから自分の壺を満たしたならば、君たちの人生は重要でない何かで満たされたものになるだろう。

そして大きな石、つまり自分にとって一番大切なものに割く時間を失い、その結果、それ自体を失うだろう。」

『大きな石とはなんだろうか?』
これは人生での優先順位の大切さを説いた話ですが、日々のスケジュール管理にも当てはまります。
それに関係するものなのですが、時間管理マトリクスというものをご存知ですか?

時間管理マトリクスとは、人生において緊急性の高低と重要度の高低を基準に4つのカテゴリーに分けたもので、そこから取り掛かるべき物事を決めていくという、優先順位を主眼に置いた時間管理のやり方です。
4つとは、

1、緊急性も重要度も高い(締め切りのある仕事や切羽詰まった問題、病気など)
2、緊急性が高く重要度は低い(多くの接待や会議、雑事・慣習からくる残業など)
3、緊急性は低いが重要度は高い(副業、健康維持、勉強、スキルアップなど)
4、緊急性も重要度も低い(ボーとみるテレビ、スマホいじり、待ち時間など)

人は意識しなければ緊急性の高いことを行ってから、息抜きをし、隙間があれば人生を豊かにする行動をしようとします。
順番にすれば、1→2→4→3の順番ですね。

しかし、その優先順位のままだといつまでたっても自分磨きをすることはできず、今の生活を一生、下手をすると今以下の生活にだんだんなっていきます。
なぜかというと、人は「やらなきゃいけないけれどなるべくやりたくないこと」は避けようとし、暇つぶしというものはいくらでもできてしまい、進化する為に楽をしようとする脳を持った生物だからです。

なので、もしあなたが今以上の生活基準やより高いLOQを求めるのならば、それぞれのカテゴリーを把握し、優先順位の決めなおしをする必要があります。

どの順番にしたらいいかというと、緊急性も重要度も高い1は何をしても外せないものなのでまずスケジュールに入ります。
次に、人生を豊かにするために、緊急性は低いが重要度は高い3をスケジュールに組み込み、それから緊急性が高く重要度は低い2をスケジュールに入れるという風にしていくと、無理なく重要度が高いものがスケジュールに多く組み込まれ、より人生を豊かなものにしていきます。

なのでやるべきことを時間管理マトリクスを使って常に把握して優先順位を間違えないようにしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました