リストアップしても伝える人がいない場合

リストアップしたとしても連絡の仕方がわからない人がいたり、
すでに伝えた後でリストがなくなってしまったという人もいるのではないでしょうか?

リストがなくなってしまったから、もうMLMは無理だ…なんて嘆かずに、少しづつでいいので、すぐに結果につながらなくてもいいので、新しいご縁を繋いでいきましょう。

トップリーダーは知る限りすべて、直紹介のほとんどがビジネスを始めた後に出会った方で構成されています。
新しいご縁とつながることがどれだけ可能性があって、素晴らしいことか数字で検証していきます。

以下を読んで、Aさん・Bさんのどちらが成功できそうか、選んでみてください。

 Aさんはリストを出した結果50人伝える人が出てきました。
 Bさんはリストを出した結果3人伝える人が出てきました。

この時点でどちらが成功できそうか?というとほとんどの人は間違いなくAさんといいますよね?

しかし、
 Aさんは50人リストがあるからと新しく出会うことはせず、
 Bさんは3人しかいないからと週に2人新しいご縁と結び始めました。

1年後、
 Aさんのリストは50人のままですが、
 Bさんのリストは新しく出会ったのが週に2人だけなのに最終的にリストが107人になりました。

この時点ではどうでしょう?
逆転してBさんという人が多くなったのではないでしょうか?

しかも、Bさんは週に2人を続けたとしたら毎年104人の新しいリストが増え続けます。
これを加味したらほとんどの人がBさんを選びますよね?

なのでいま現在リストが尽きてしまったとしてもできる限りでいいので、
新しいご縁とつながれるように行動していってください。

最終的に勝つのは、才能がある人ではなく、最後まで続けられた人なのですから。

タイトルとURLをコピーしました