インフラ系が結局、権利収入になるんだよね?

権利収入にはインフラ系がいいと言われますが、実際はどうなのでしょうか?
統計的事実をもとに解説します。

インフラは生活になくてはならないものなので、
そういった性質上は比較的権利収入になりやすいですが、
モノやプランによって大きく左右されます。

特に最近はやっているモバイル系は、
1年間0円その後は3000円で高速通信が使い放題の
「Rakuten Mobile」が台頭してきています。

しかも、docomoの格安プランahamoの登場で、
有識者の中ではそのRakuten Mobileでさえ、
もうすぐ苦境に立たされるとの見方がされています。


その為、権利収入の原資となる愛用者の獲得が難しいため、難しくなってきていると考えます。
本来、節約での提案ができて容易だったはずの愛用者の獲得が
難しくなってきているため、
毎月のビジネス代がなかなかペイできないという事態が起こってきます。

そして、そもそも、節約の提案で話を聞きに来ているのに、
勧誘してくる話はビジネスなので、
始めたとしても、キャリアと同じ額、もしくはそれ以上に払うことになってしまい、
節約で始めたのに結局多く支出が出てしまい、ビジネスから離れていく事態が起こってくるだろうと考えられます。

モバイル系をされている人の中には、
節約の提案ではなく18兆円の通信市場を取れるビジネスと言って、
勧誘されている方もおられますが、これも厳密に言えばウソになります。

なぜかというと、この18兆円市場は、
大手キャリアの月額料金によって成り立っている金額であり、
モバイル系MLMをやっている方が取れる市場の金額ではありません。

政府がMVNOを推奨し、シェア割合を増やそうと動いているのは確かですが、
2020年3月の報告によると、docomo、au、SoftBank3社のシェア割合は約87%で、
それ以外のRakuten Mobileなどや格安SIMのシェアは、13%ほどに達しており、
世界のシェア割合(米11.5%、仏28.6%、独47.6%)と比べても、
世界の基準にはすでに届いており、伸びたとしても後10%ほどだと推測できます。

この10%をモバイル系MLMやahomo、Rakuten Mobileや各社格安SIMが奪い合うシェアになり、
金額としては1.8兆円といいたいところなんですが、
この金額は大手キャリアの金額ベースであり、
1/3の価格の格安SIMベースに直すと、これから上がるであろうMVNOの10%の売上は6000憶円になります。

今現在MVNOのシェアの内その他の3.5%が無名格安SIM会社やモバイル系MLMなので、
その中で過半数を超える2%を、今後モバイル系MLMがシェアを取ると考えたとして、
6000憶円の2%の120憶円の売り上げを、複数のモバイル系MLMが奪い合う形になると計算できます。

筆者の知る限り少なくともモバイル系はフラッシュ、ペンギン、スター、アクセル、ゼロ、マイン、オルカの7社あり、7社が均等に売り上げを上げたとして年間で約17憶円の売上、
たとえ1社が王者としてその中の4割のシェアを取ったとしても、
モバイル系MLMの売り上げは年間で約48憶円の売上にしかならず
日本MLMランキングに照らし合わせると30位ほど、
会員の半分がビジネス会員だとしても年間約96憶円の計算なので、
日本MLMランキングだと15位ほどの売上になる計算です。

こうして数字にしっかり照らし合わせてみると、
モバイル系の人が良く言っている

「サプリやスキンケアは使う人を選ぶので市場はかなり少ないが、スマホを使わない人はいないので、いま日本にいる人全員が見込み客になる。だから健康美容MLMとは比べ物にならないくらいの市場がある」

というのは、実際の数字ベースで語られているのではなく、
大きな業界の数字の中から都合の良いところだけ抜き出し、
自身が希望するビジョンをあたかも事実のように語っているだけではないか?
と感じてしまいます。

インフラ系のMLMとしてもう一つ代表的なのが電気ですが、
電気系は、今現在は会社数が少ないということもあり、
一度作った組織は崩れにくいのではないかと考えます。
しかし、割引額やビジネス費が少ないため、十分な報酬をもらおうとすると、
かなり大きな組織が必要であり、時間と労力がとてもかかる商材ではあります。
なので、いきなり本業にするのは難しく、
すでに金銭と時間に余裕のある人が取り組むのには、よいビジネスだと感じております。

シンヤ
シンヤ

【まとめ】
・モバイル系MLMは既存のMVMO各社に料金で負けてしまう。
・電力系は競合会社が少なく一度構築した組織が崩壊する心配は少ないと思われるが、割引額やビジネス費が少ない故に多額の報酬も得づらく、大きな組織を構築しなければならない。

ネットワークビジネス(MLM)についてもっと知りたい!
正しい組織構築について知りたい!
という方はコチラ!↓

タイトルとURLをコピーしました